資格別勉強に掛かる時間と費用

景気が不透明な時代には手に職を持とう!資格試験にかかる時間と費用をご紹介

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

これからの時代は手に職!資格を取得して就職や転職を有利に

手に職を持とう。資格を取ろう。と言われても様々ある資格の中から何を選べばいいのかわかりません。しかし、人間にとって「食べること」「栄養を取ること」は生きるためにとても大切なことです。ここでは、「食」や「栄養」にまつわる仕事や資格について説明します。 続きを読む

栄養や飲食にまつわる仕事はいつの時代も必要

みなさんが子供の頃、なりたかった職業は何であっただろう?
子供の頃にはたくさん夢があって、何にでもなれる気がしていた。私もそのうちの一人だった。
学校の先生、パイロット、野球選手、警察官、レストラン経営者など。
祖母が救急車で運ばれた時には「僕は医者になって将来おばあちゃんの様な患者さんを救いたい!」など、それこそありとあらゆる職業に憧れを抱いていたものだった。
ところが成長と共に考え方が現実的になり、いつの間にか普通のサラリーマン人生を歩むようになっていった。
しかし諦めるのはまだ早い、特に若い皆さんならいくらでも可能性がある。
そしてわたしの様に年を重ねた者でも、経験を活かして逆に活躍できる場はあると思っている。
そんな時に強い味方となってくれるものが「資格」ではないだろうか。
資格を取得して、手に職をつけることは、これからの景気が不透明な時代に大いに力になってくれるものと思う。
実際に私自身も、社会人になってから資格取得の為に、会社帰りに簿記の学校に通っていたことがある。
その時期は名古屋に住んでいた頃だったので、私の頭の中の簿記の用語は、講師の名古屋弁のイントネーションと共に記憶されている。
また、私の女性の友人は、結婚後、下の子供が小学校へ入学し落ち着いたところで、保育士の資格取得に燃えていた。
ピアノが弾けなかった彼女は期間限定でピアノを習いはじめた。
絵を描くテストがあるというので、ネットで保育士向けのイラストを検索しては、マネをして絵の勉強をしていた。
そうした努力の甲斐あって、彼女はみごとに保育士の試験に合格し、今では家の近くの保育園で生き生きと働いている。
今回は、学生から社会人まで、手に職をつけたい人の為に、どのような資格があり、その資格取得にはどれぐらいの時間と費用がかかるかまで説明していきたい。

おすすめリンク

共働き世帯の増加と共に需要が高まる保育士と社会福祉の仕事

人は一人では生きて行けない。支えあって生きていくもの。子育てや社会の弱者に寄り添う仕事もとても重要な仕事。共働き世帯が増えている中で保育士の仕事はますます需要があります。また、障害者や高齢者など福祉の仕事はこれからの高齢化社会になくてはならない。ここでは社会福祉士や保育士の仕事を紹介していきます。 続きを読む

外国語や貿易に興味のある人は挑戦しよう!通訳案内士と通関士

現在、日本には全世界からたくさんの観光客がやってきています。豊かな知識と語学力を備えて、おもてなしをしていきたいですね。そんな時に有効な資格が「全国通訳案内士試験」です。また、貿易業界で働きたいなら、難易度は高いものの、「通関士」の試験に挑戦するオススメです。 続きを読む